新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラ

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状況によりけりなのです。痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れがなかなか引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
ですから、抜歯してしまって歯がない場合は差し歯は利用しようがないということです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
これは文字通り陶器でできた人工歯であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを必要とする、高レベルな作業なのです。患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、それだけ、セラミックの歯というものは歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、ケアはそこで終わりではありません。
せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。歯磨きにも正しい仕方があります。歯科で指導してもらえるはずですから、その通りのケアを心がけてください。自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの卓越した技術を欠かすことは出来ません。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということです。いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。使用年数は生涯持つと言われることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当医の技量によっても変わるようです。口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、その分、人工歯の寿命にも影響が出ます。インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。
アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、噛んでいるとグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに起因することが多いといえます。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。
完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるのがインプラントです。しかし、留意すべき点もあるのです。
それは、誰にでも適用できる治療法ではないという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。
インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話もたまにあるということです。これはなぜでしょうか。
一つには、義歯と歯茎の間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている可能性も考えられます。
ひょっとして、と思ったら、放っておかずに診察を受けてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ