歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラ

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目を損なってしまう問題もあります。失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。最大のデメリットは費用が高額になることです。難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。
本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
インプラントの特長として、噛んだ感じが自分の歯に近く、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。
どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった口コミがあったかもしれません。それは違います。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。
検査で問題になることはまずありません。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯がまるごと抜けてしまった後で、代用となる義歯と人工歯根のことです。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
もしこの治療が保険適用だったら、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。
健康保険が使えることもまれにありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。
普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。
安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上で始めなければなりません。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
インプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされるという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに料金はずいぶん違ってきます。
事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療に取りかかることをすすめます。
ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。
近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ