典型的なインプラント治療は、大きな3つ

典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。というプロセスをたどります。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずありません。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、インプラントだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることはほとんどありません。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという場合があります。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療も院内感染が起きないと言えません。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、キーポイントの一つです。
院内感染防止の対策をきちんとホームページに載せている歯科医院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。
この治療の費用は歯科医院ごとに相当な開きがあります。インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
それでも、相場はあると言えます。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全て歯科医の腕に任されているのでかなり治療実績には差があると考えられます。インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないということにはなりません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。
インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的に治療をすすめていくので安心して治療を受けることができます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるとされています。
とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければ維持できなくなる異常も起こりうるという押さえが必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ