インプラント埋入手術は局所麻酔がほとん

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことを続けなければなりません。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。これらのケース、その他の困難なケースであれば治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療が事故につながる可能性があります。
ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れがおさまると違和感は薄れるため変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにひたすら辛抱が大事です。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
大至急歯科医にかかってください。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。
インプラント治療は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安なく進めていけるでしょう。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優っていると考えられます。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるデメリットも承知してください。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので異常がなくても維持費は必要になります。普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。
定期検診を受ける費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため約三千円とみれば良いでしょう。
従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。
インプラント治療も医療行為ですが、保険適用になることはまずありません。全額自己負担が普通ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。
確定申告をするときの注意点として歯科医を利用したときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ