インプラント治療の成果を左右する

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は決して看過できるものではありません。インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療成功の絶対条件となります。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙あるのみです。これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため成功例ができるだけ多い、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。
また、できれば治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているどんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも重要なチェックポイントになります。インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですから失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても一概に費用を決められませんし、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないということも覚えておきましょう。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。
日常生活では力をかけないように努め、負荷がかかる身体運動は控えることが望ましいです。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。
日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。
長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用面で、治療を躊躇する方もまだまだ多いのです。しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどと銘打って分割払いに申し込める歯科医院が増えています。手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることはできる状況になっています。様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医でないとできないなら、海外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。
一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるのが成就への第一歩です。
入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも選択肢としてインプラント治療があります。
外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。どうしても外見や噛み心地を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。
「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。手術して人工歯根を埋め込んだ後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどなので、気にしないでください。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ