インプラント治療のほとんどは自費となる

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用を払いきれるかどうか心配になる方も決して少なくありません。それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社が作ったローンを利用できる便利な歯科医院も多くなってきました。
全ての費用を現金一括払いできなくても、自分が希望する治療を始めることはできる状況になっています。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の成否を分けます。
組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などはかなりマイナスに作用します。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、しっかり禁煙するべきでしょう。誰でもインプラント治療ができるわけではありません。
その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。保険適用されることはごくまれで、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差が出てきます。また、自由診療なので、歯科医院ごとにずいぶん費用は変わってきます。そして、定期検診にも費用がかかってくることも念頭に置きましょう。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、根のケア次第で冠のような形の義歯をつくり、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
しかし、根から抜いた場合はもし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。
どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けるというのもありえます。北欧諸国はインプラント先進国といわれ、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、安易に妥協せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることに努めましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ