やっと歯のある日常が戻ってきた

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、毎日欠かさず行うようにしましょう。
自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。
インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。
この原因としては、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。
より深刻な事態を食い止めるためにも、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。気になるインプラント手術の内容とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。
その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。
この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの熟練の技が必要不可欠と言っても過言ではありません。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、それらのパーツの構成により、複数のタイプに分類することができます。
アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにパーツ同士の結合部の形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ