どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というプロセスをたどります。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
インプラント治療を始める前に治療費の高さは重要な問題ですね。現実には、治療費といっても歯科医院ごとに差があると考えるべきです。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。
それでも、相場はあると言えます。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。
院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。一見したところ、自分の歯と同じくらい義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることもほとんどありません。前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。インプラントはどのくらい保つのか、現状では確実な説はありません。
きちんとメンテナンスを行った場合は本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、インプラント治療を優先して良いでしょう。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。金属の中では、骨との親和性が高い方で材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば長い間、問題なく使うことが可能になります。インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全て歯科医の腕に任されているので差は大きいと断言できます。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いとは言えません。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。
残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ