口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、人と状況によりけりなのです。
痛み止めの薬などを服用して、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。技術の進歩した今では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。
人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるようです。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに起因することが多いといえます。インプラント手術の経験と実績のある歯科を選ぶといいでしょう。
ネットのレビューなども参考になります。完全に歯がなくなってしまった部位にも使える治療法であるインプラント。
ですが、難点もあるということに気を付けてください。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。
注意してください。一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。口内のセルフケアを怠れば、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなってしまいます。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その義歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。
陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。
綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術を必要とする、高レベルな作業なのです。
患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、技術的なコストもかかり、従来の金歯よりも高額になるのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ