インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてここはぐっと我慢してください。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずインプラントの埋入まで行けないこともあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも治療は決して不可能ではありません。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから維持費がかかることを知っておきましょう。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。
定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を用意しておきましょう。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
ご存じの通り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。
確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。どこの歯科医の手術でも、痛さを心配する必要はありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みを感じることもあります。
痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも事故を引き起こす可能性が増します。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ