大半の歯が失われている状態のことを多数歯欠損

インプラントの埋入は1本からできますが、現実には複数本の手術となる場合がほとんどです。高齢者がインプラントを希望する場合が多く、失っている歯が1本ではない方の方が圧倒的に多いからです。
また、大半の歯が失われている状態のことを多数歯欠損と言い、この場合にはall-on-4といった特別な方法が採用されます。
インプラント治療ではデメリットよりもメリットの方が比較にならないほど大きいんです。
自由診療のために費用がかさんでも、治療期間が長期間にわたっても、外科手術が必須であっても、それ以上の価値があります。入れ歯やブリッジは失った歯を見た目だけでしか補ってはくれませんが、インプラントは歯の本来の機能を取り戻してくれます。技術の低い歯科医に当たってしまうと、せっかく手術したインプラントが安定しなかったり脱落したりする場合もあります。
もちろん腕のいい歯科医が手術してもそういったことは起こりえますが、その確率の差は歴然です。万が一の場合に備えて保証してくれるかどうかは前もって確認しておいた方がいいでしょう。
インプラントにすることで、また美味しい食事を摂ることができるようになります。
味は言うまでもなく、噛んでいるという実感や熱さや冷たさまで感じることができます。
固いものも遠慮なく噛むことができますので、遠慮していたものも食べられるようになります。
インプラントでは噛む力は入れ歯の4倍もあります。
インプラントは自由診療なので、費用は高額になります。
でもだからといって、値段を最優先させてインプラントを選ぶのは間違いです。実際の請求額と表示金額に違いがあったり、そもそも品質に大きな問題を抱えている場合もあります。
インプラントを選ぶときに忘れてはならないのは、最優先でその歯科医が信頼できるかどうかを判断することです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ