インプラントは他の歯に影響ないと

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間の経過ともに落ち着くのがほとんどなので、気にしないでください。実は他の問題が隠れていたということもありますから、異変を感じた場合は放っておかずに歯科医にみせることに努めましょう。
インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
おおむね保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても一概に費用を決められませんし、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることはもちろんです。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。
人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、歯周病には気をつけてください。インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。
けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が健全であれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。
これに対し、抜歯した後は、入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。
インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は見過ごしてはならないレベルです。インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も例外なく阻害する働きをします。
インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙あるのみです。インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、痛みが落ち着くまでは、安静に生活を送ってください。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動はしばらく行わないようにしましょう。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。
日常的に運動を続けている方なら、運動をいつ再開すべきか、歯科医と話し合うと安心できます。インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
高額の費用が負担となる方もかなりいるようです。それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療の開始はできるケースが増えました。
入れ歯で噛むと食べた気がしない、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。
インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の優れた歯科医を探したいならば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すというのもありえます。
インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報収集することをがんばってみましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ