皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長く使って

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染が起きないと言えません。
ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが治療の成否に関わる問題です。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院もどんどん増えているので、あれば必ず見ておきましょう。
いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に決められるのが建前です。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはたぶんないでしょう。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。
自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全て歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
自分の歯のお手入れと同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってセルフケアは欠かさないようにしましょう。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。
例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので該当する歯の分だけ治療することになります。周辺の歯に影響を与えたくないと要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。
インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結果を見て初めて治療開始となるので安心して治療を受けることができます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを定期的に行っていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。
それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ